newsprofilegallryalbumlylicsmusicfactoryshop

2015年 シャンバラまつり 後記   南正人。

いろいろなことが起こり、過ぎ去って行きました。
祭り自体は素晴らしい盛り上がりを見せ、みんなニコニコ顔で帰って行った。
今回、初めての試みだったが、メインステージの終了時間を早めることで
その後の時間が有効に使われたと思う。
大道芸、ファイヤダンス、ジャムセッション等も、時を気にせずのびのびやっていた。
これも進化のプロセスだ。

入場者は去年の1.5倍
参加国は53カ国。

ところが終了まぎわになって
ニコンさんに来年は川向こうにステージを移動して欲しいとたのまれたのだ。
理由は簡単で、地元の若者たち(未成年)が入場料タダをよいことに
会場入りして酒を飲んだりしていたことを周囲からあれこれ言われたのか、
立場上、自分でそう決めたのかわからないが、ともかくそう言ってきた。

エーッ!我々は呆然
祭りの余韻を楽しむヒマもなく、即、川向こうの土地所有者に会いに行き
事情を説明し申し込みをしたのだが、われわれの足もとを見てとんでもない金額を言ったので、即やめた。
残るはハートが言っていた候補地だ。
全員、その足で新しい土地を見に行った。

そこは周囲をのどかな水田に囲まれた美しい所だった。
一体、借りられるのかしら、、、
ダメだったらどうしよう、、、
いろいろなマイナス想念が出てきたが、気にするのを止め、神々様にゆだねることに。
そこの管理人のワンチャイさんと話をすることが出来、彼は自分のボスと連絡を取ってくれた。
所有者のバンコク在住のカターウッバさんは、親切にも自分の方から飛行機で飛んで我々に会いに来てくれたのだ。
誠実な人だと思った。
72歳だからボクよりも1つ上の人だ。
会って間もなく、すっかり、知り合いみたいになってしまった。

彼は僕らの話をよく聞き質問をし、
最後に「OK、すきなように使ってOKよ、私は約束を守る男だ。」と言ってくれた。
場所代もいらないとまで言ってくれたが、それは別の話。
なんにしても、これは奇跡でしょう。 奇跡がおきた!!
私の胸の内ではこうなっていた。
ありえない! うそでしょー! ほっぺたつねってよ! オーマイガッ!!(^o^)//
ニコンさんや対岸のストロベリーファームのマダムとは別格の存在だった。
思わず守護霊様、守護神様にひれ伏して感謝したよ。
あー、よかったアアア−! まずはホッとした。
さて今までの6回を一章とするならば
これからは新天地で第二章スタート

2016年は敢えて電気音なしの空間を
どこまで探求できるか、楽しめるか
又、どこまで創造してゆけるかをためす
絶好のチャンスととらえることにしました。
(出店などの照明には電気を使います。)
またとない機会だとゆうことです。

各ミュージシャン、特にバンド編成の人たちにとっては
参加しづらいことになると思いますが
そこはヘポパな知恵で乗りきってみてくださいませ。
今日は、ここまで。 つづく(2015.3.25)


...

 

ここに紹介している本には南正人のデーター満載。 このサイトにココまで載せられるのは何時になるか判りません。 興味のある方は、この本を読んだ方が手っ取り早いですよ。 アマゾンにリンクしてありますので、すぐ購入可です。

管理人

s

facebook